2009年06月18日

す:スク水Lは君しか、君しかいない

スク水Lは君しか、君しかいない

(意味)
 昔、ある学園の女子寮に不審者が忍び込んだ。その不審者の正体は、学園を挟んで反対側の敷地にある、男子寮の住人だった。それを追うのはスク水探偵の異名を取る、2年C組の観音崎あやめだ。あやめは女子寮警備隊を指揮しており、その不審者を捕えようと必死で後を追った。しかしその不審者は変装の名手で、巧みに姿を変えながら、あやめの追跡をあと一歩のところでかわし続けていた。

 バン、と、勢いよくドアを開けて、あやめは更衣室へと駆け込んできた。
「今、怪しいやつが入ってこなかった?」
 中で着替えをしていた数人の女子生徒が、一斉に振り向いた。みんな一様にぽかんとした顔をして、あやめを見つめている。
「今、寮内に怪しいヤツが侵入しているの。あたしはそいつを追ってきて、今、確かにこの部屋に入っていったの。そいつは男なんだけど、変装の名人だから、きっとこの中の誰かに変装しているんじゃないかと思うんだけど……」
 しばらく沈黙が続いた後、水着に着替えていたひとりの女子生徒がおずおずと答えた。
「人の出入りはあったと思うけど、普通に着替えていただけだから。誰がいつ入ってきたとかは、よく憶えてないな」
「そう。他の人はどう?」
 あやめはぐるりと一同を見渡した。しかし、みんな互いの姿をちらちらと見やるばかりで、誰ひとりはっきりとした回答をすることはできなかった。

 あやめはひとりひとりの表情から体つきまで、つぶさに観察した。変装の名人とはいえ、男が女に化けているのだ。何かしら変装の粗があるはずだ。
「ねえ、もう泳ぎに行きたいんだけど、いいかな?」
 何の進展もみられず、ただ時間だけが過ぎていくのに業を煮やしたひとりの女子生徒が抗議の声を上げた。しかしそのとき、その言葉を遮るようにあやめの右手がスッと上がる。
「よし、わかった」
 あやめはおもむろにひとりの女子生徒を指差した。
「見る限り、君はこの中で唯一、Lサイズのスクール水着を着ているね」
 その指を指された長身の女子生徒は、きょとんとした様子であやめを見つめる。
「あまつさえ、その体格に似合わず、バストがそれほど大きくない。男が変装するにはうってつけではないかな?」
 ピーッ、とあやめが指笛を吹くと、ドアからも窓からも、大勢の女子寮警備隊員が更衣室の中へと飛び込んできた。
「こいつが不審者です。早く捕まえて下さい!」
「ちょっと! 何するのよ!」
「言いたいことがあるなら後で聞くわ。さあ、尋問室へ連れて行って、じっくりと吟味してちょうだい」
 長身の女子生徒は必死に抵抗したが、多勢に無勢。猿轡を噛まされ、全身をロープでぐるぐる巻きにされ、身動きの取れないダルマのような姿にされると、そのまま大玉転がしの要領で何処かへと運び去られてしまった。
「お騒がせしました。不審者は無事、逮捕されました。どうぞ安心して、水泳を楽しんでください」
 あやめは残された生徒に小さく手を振ると、入ってきたときと同様、バン、と勢いよくドアを閉めた。

 スク水探偵・観音崎あやめの活躍により、女子寮不審者事件は解決したかと思われた。しかしよくよく調べてみると、逮捕された女子生徒は変装した男などではなく、まったくの誤認逮捕だということが判明した。結局、女子寮に侵入した不審者の行方は、わからないままとなってしまった。
 転じて、いい加減な根拠で物事を判断してはいけませんよ、ということ。



47-su.jpg





ラベル:女装
posted by 三月うなぎ at 23:06| Comment(4) | TrackBack(0) | かるた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
で、結局、誰(どれ)だったんです??
Posted by とらい at 2009年06月19日 00:46
>>猿轡を噛まされ、全身をロープでぐるぐる巻きにされ、身動きの取れないダルマのような姿にされると、そのまま大玉転がしの要領で何処かへと運び去られてしまった。

こういうの大好きです、ハイ。
Posted by あらきん at 2009年06月19日 01:59
マ〜ァァズ、マ〜ァァズ、行け今こそ明日の為に・・・♪

という事で、真犯人は「スク水探偵・観音崎あやめ」・・・
に変装しているコイツだッ!!

変装の名人も、後ろから見たらバレバレってことで。(^^;)
Posted by 吹田まり at 2009年06月19日 22:53
>とらいさん

さて、どうなんでしょうね。


>あらきんさん

絵を描き終えてから文章を書いたので反映できませんでしたが、そっちの構図でも良かったかもしれませんね。
https://march-ell.up.seesaa.net/etc/47-su_ext.jpg


>吹田まりさん

さて、どうなんでしょうね。

Posted by 三月うなぎ at 2009年06月19日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。