2009年06月30日

目あり目なしは唐の攻め合い

 目あり目なしは唐の攻め合い。



meari-menashi02.jpg





 「目あり目なしは唐の攻め合い」とは、囲碁の格言のひとつです。
 囲碁では、相手の石を自分の石で隙間なく囲うことで、相手の石を取ることができます。

meari-menashi04_a01.jpg (図a-1)

 この図では、黒から打った場合、

meari-menashi04_a02.jpg (図a-2)

 このように、3手打てば白石を取ることができます。
 逆に白から打った場合にも、

meari-menashi04_a03.jpg (図a-3)

 このように、3手打てば黒石を取ることができます。
 しかし実際の対局では、お互い交互に打つことになりますので、もし黒が先に打てば、

meari-menashi04_a04.jpg (図a-4)

 となり、黒が白石を取ることができますが、もし白が先に打てば、

meari-menashi04_a05.jpg (図a-5)

 となり、白が黒石を取ることができます。
 つまり、この石をどちらが取るかは早い者勝ちとなります。

 ちなみに、囲碁用語でこの石の隣の空いている地点のことを“駄目(だめ)”と呼びます。一般的に用いられている駄目という言葉は、囲碁用語から来ているんですね。



 それでは、このケースではどうでしょうか?

meari-menashi04_b01.jpg (図b-1)

 これも前のケースと同様に、白黒ともに駄目は3つづつです。

meari-menashi04_b02.jpg (図b-2)

meari-menashi04_b03.jpg (図b-3)

 したがって、黒からも3手、白からも3手で、相手の石を取ることができます。 
 しかし、このケースでは、同じ3手でも、早い者勝ちとはならないのです。実際に、白から打ったケースを見てみましょう。

meari-menashi04_b04.jpg (図b-4)

 と、白から打ったのに、次の一手で黒に取られてしまいます。
 何故このようなことになるかと言えば、黒の石には“目”があるからなのです。

meari-menashi04_b05.jpg (図b-5)

 黒石に囲まれている地点が“目”と呼ばれる地点です。黒石に囲まれているので、白はその地点に打つことができません(打ったとしても、すぐに逆に取られてしまいますからね)。
 ですが、打てないはずの“目”にも打つことができる場合があります。それは、目に打つことによって、相手の石を取ってしまえる場合です。ですから、白からも3手打てば取ることはできるわけですね。

 しかし“目”に打って相手の石を取るためには、“目”以外の駄目を先に全て埋めてしまう必要があります。
 図b-4を振り返ってみますと、問題は白の4手目です。これは黒の駄目を詰めている手なのですが、同時に自分自身の駄目まで詰めてしまっているのです。そのために、白から先に打ったのに、逆に黒に取られるという結果になってしまったというわけです。



 このように、「目あり目なしは唐の攻め合い」とは、目のある石と、目のない石が攻め合いをするときには、目のある石の方がずっと有利になりますよ、という意味の格言なのでした。

 ちなみに、そもそも「唐の攻め合い」とは何なのかということなのですが、「唐の戦い方のように無駄が多くて非効率」であるとか、「空の攻め合い」とも書き「勝敗の既に決した虚しい戦い」であるとか、諸説あってよくわかりませんでした。ま、格言としての意味だけわかっていればいいんですけどね。

 なお、

meari-menashi04_c01.jpg (図c-1)

 有利とは言っても、駄目の数に大きな差がある場合には、たとえ目があったとしても負けてしまいます。ですので、「目あり目なしも時によりけり」という格言もまた存在しています。

 また、

meari-menashi04_c02.jpg (図c-2)

 目が2つ以上ある石は、もう絶対に取ることができません。
 無眼娘さんに対しては有利な単眼娘さんでも、双眼娘さんにはけしては勝つことができないんですね。

meari-menashi03.jpg





 図の作成には、こちらのソフトを使用させていただきました。
棋譜作成・鑑賞ソフト「棋譜松ちゃん」






ラベル:妖怪 囲碁
posted by 三月うなぎ at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三月うなぎさんの作品のネタって奥が深い!
それに、白石と黒石の精ってかわいい!
Posted by よしおか at 2009年07月04日 06:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。