2009年07月12日

風船娘 その2

 風船娘その2。



balloon03_a.JPG



balloon03_b.JPG balloon03_c.JPG

balloon03_d.JPG balloon03_e.JPG



 「キュビズム」に頂いたまるまる好きさんのコメントを受けて、球体化の試作をしてみました。

 ベースは某100均で購入した風船です。風船に着色するとなると画材の選択が難しいのですが、今回は以前安売りされていたのを購入したまま放置していたユニポスカを使ってみました。要するに、部屋の中にそれくらいしか適当なものが見当たらなかったということなんですけどね。
 ポスカはペンタイプなのでお手軽と言えばお手軽なのですが、下絵を描くことができないことと、単色しか使えないこと(そのせいで皮膚が真黄色になってしまいました)、それから塗りむらが目立ってしまうことが辛いですね。きちんと塗装しようと思ったら、サーフェイサーを吹いたりしないといけないのかもしれません。風船が丸くてころころ転がるので、描きにくかったり、塗料を乾燥させるのが面倒だということもあります。
 また、間違えたときに修正が難しいのが大変ですね。濃い色でなら上から塗りつぶすこともできますが、薄い色では不可能です。黒や緑は隠蔽力が強いのであまり塗りむらも出ませんでしたが、白やピンクや黄色は薄すぎてあんまり綺麗に塗れませんでした。赤はそこそこ。青も案外弱かったですね。地のゴムの色との相性もありますが、まず薄い色から順番に描きいれ、徐々に濃い色を塗っていって、最後に黒で主線を入れるというのが良さそうです。でも、その描き方をしようとすると、下絵を描けないというのがかなり大きな障害になるんですけどね。何も無いところに広い面積の色を置いていくのは、元々の構想がしっかりできていないと大変です。




(7/26・追記)

 2週間経って、随分しぼんでしまいました。

balloon03_f.jpg balloon03_g.jpg balloon03_h.jpg

 しぼみ方が左右対称ではなく、いびつになっていますね。やっぱりアシンメトリなのは良いですなぁ。
 でも、触るたびに塗料がバラバラと落ち、周りが汚れて仕方がないので処分してしまいました。処分するときに、ついうっかりカッターを顔面に突き刺してしまったのですが、セロテープを貼って破裂しないように空気を抜き、平面化っぽくすれば良かったと反省しています。まあそれは、今後の課題ということで。





ラベル:変身 膨体
posted by 三月うなぎ at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 変身一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何気ない俺の一言でそこまで苦労を・・・ありがたいこっです;
凹凸の無い球体に立体を描くってのは見せ方が難しそうで;
ぽよんぽよんと跳ねてたら可愛いだろうなぁw
Posted by まるまる好き at 2009年07月13日 10:12
四角・丸ときたら三角娘や五角娘、星型娘なんかもアリですかね
Posted by スペクタル? at 2010年06月01日 15:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。