2010年05月15日

妖怪・鼻水女

「どうしたの? 風邪?」
「いあー、体調はそんだに悪くだいんだけどさぁ、だんか、びょうにはだびずが出てさぁ……」



hanamizu.jpg



 風邪や花粉症でもないのに妙に大量の鼻水が出ることがあるが、それは滴り落ちてから100年経た鼻水が付喪神となった、鼻水女と呼ばれる妖怪の仕業である。鼻水女は人の鼻の奥に棲み付き、鼻腔から喉をずぶずぶと這い回って宿主となった人間に多大な不快感を与える。鼻をかんでも出てくるのは鼻水女の一部のみで、完全に鼻水女を出し切るのは困難である。宿主は常時鼻水が垂れ、鼻づまり状態となってしまうが、鼻水女によって病原菌などが洗い流されるため、病気に罹りにくくなるというメリットもある。





 ゴールデンウィーク後半からの風邪が長引いていまして、咳と鼻水がなかなか止まってくれません。





ラベル:妖怪
posted by 三月うなぎ at 16:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 妖怪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鼻息送って膨らませて鼻提灯女にならないかなぁwいっそ宿主と一緒にw
Posted by まるまる好き at 2010年05月15日 22:43
鼻提灯女は幾つかの構想の中にはあったのですが、今回は見送ってしまいました。
Posted by 三月うなぎ at 2010年05月16日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。