2011年12月19日

「これまでの被害者を並べてみると、ひとつの特徴が浮かび上がってくる」
「特徴? それは一体……」
「被害者は皆、右手のような鼻の持ち主なんだ」
「あ、確かに!」
「そうと分かれば、早速囮捜査の準備だ。特殊メイク班を呼んでくれ。柳本君。すまないが、囮役を頼まれてくれないか」
「はぁ」



handnose.jpg



(おしまい)




ラベル:特殊メイク
posted by 三月うなぎ at 02:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
龍さんもびっくりの、平成の「鼻」

犯人は、右足のような鼻の持ち主?
Posted by よしおか at 2011年12月19日 19:57
柳本智子の鼻と云えば、池の尾で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇の上から顋の下まで下っている。形は元が太く、先は5本に分かれている。云わば細長い右手首のような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。とかなんとか。

始めに絵面ありきだったので、テキストの方はちと中途半端になってしまいました。
素直に芥川のパロディにしておいた方が良かったかなぁ、と、絶賛後悔中です。
Posted by 三月うなぎ at 2011年12月20日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。