2007年03月11日

メフィラス娘(2代目)

「……くそっ、卑怯だぞ、メフィラス娘(2代目)!」
「卑怯もラッキョウもあるもんかい。お前たち、やっておしまい」
「「あらほらっさー」」





mefilas.jpg






 ウルトラマンタロウ第27話「出た! メフィラス星人だ!」より、メフィラス娘(2代目)。むしろ他の人の要素の方が多い気もしますが、気にしない方向で。いや、まず目を描いて、次に耳を描こうとしたら、もうこの人にしか見えなくなっちゃいまして……。

 ウルトラマンメビウス第47話「メフィラスの遊戯」に、メフィラス星人(3代目)が登場しました。個人的にはタロウに登場したメフィラス星人(2代目)の名台詞、「卑怯もラッキョウもあるものか」を言って欲しかったのですが、客演が初代ウルトラマンだったこともあり、メフィラス星人(初代)に準じた、それなりに潔い人でした。死に様はちょっとイマイチでしたけどね。

 これでメビウスには、初代ウルトラマンから80まで、一通り客演が果たされました(主役ではないアストラとユリアンはまだですけど)。レオ、80、エースの客演回では、旧シリーズでやり残してしまった要素をしっかりとフォローした、オールドファンにも配慮の行き届いた素晴らしい物語に仕上げてくれたと思います。
 残念だったのは諸事情で篠田三郎が出演できなかったタロウで、できることならば、人間として地球に残ったタロウのその後のエピソードに触れて欲しかったところです。

 余談ですが、メビナビに「ウルトラマンメビウスはますます面白くなるね」っていう台詞をパクられてしまいました(この記事参照のこと)。こんなところでしれっとレオネタをもってくるんだから、まったくメビウスのスタッフは侮れません。



ラベル:怪獣娘 特撮
posted by 三月うなぎ at 03:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 怪獣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは.なんどか「いけ」と名乗ってコメントつけていたものです.しかし,TSF作品を紹介してくださってるいけさんとかぶってしまうので,石山でコメントさせていただきますね.
元ネタのほうがわからないので恐縮なのですが,タイムボカンのドロンジョ様が含まれている要素なんでしょうかね.「あらほらさっさ」のあたりにも・・・.
しかし,悪の女幹部とか,悪の女戦闘員とか萌えますね.どうにでもなってもいいっていう制作者側の前提でうごいてるから,散り際とかひどかったりして逆に萌えてしまいます.
Posted by 石山 at 2007年03月11日 10:44
 お察しの通り、メフィラス星人 with ドロンジョです。どうも私は、小ネタでもなんでも、思いつきをホイホイ放り込む癖がありまして……。デザイン的な面もそうなんですが、「卑怯もラッキョウもあるものか」という台詞が、ドロンジョ様にベストフィットしたんですよね。

 私も特撮なんかでは、ヒロインよりも敵方の女性の方に惹かれることが多いですね。“どうなってもいい”とは言いすぎだと思いますが、ヒロインよりも制約が少ないために、魅力的なキャラクターが生まれやすいのではないかと思います。
Posted by 三月うなぎ at 2007年03月11日 21:47
 どろんじょ、なつかしいです。
 どろんじょの声優さんは、ドラえもんでのびたの声優でもありました。
 また、どろんじょの部下のボヤッキーの声優さんは、ドラえもんでジャイアンの声優さんでもありました。
 どろんじょ>ぼやっきー
 じゃいあん>のびたって上下関係があるんですが、タイムボカンよりも、ドラえもんのほうが長く続いたので、どろんじょの声優さんは、そのことをちょっとぼやいておられました・・・。
Posted by じゃいあん at 2007年03月11日 22:47
 たてかべさんはボヤッキーじゃなくてトンズラーですね。
 一人の声優が色々な役を演じているということを初めて意識したのは、ドラえもんのスネオなど、藤子アニメに出まくっていた肝付兼太さんでした。ドラえもん,ハットリくん、怪物くんが映画で同時上映されたことがあったのですが、3作品全てにスネオ、ケムマキ、ドラキュラ役で出演していた肝付さんを見て、「この人、映画見に行かなくても全部わかってて、いいなぁ」とか思っていました。

Posted by 三月うなぎ at 2007年03月12日 23:31
 ボヤッキーって、「全国、女子高生のみなさんー」みたいなことを言ってた人でしたっけ?
 おいら、仕事で英語を使うので、スカパーでCNNやABCなど、英語のニュースを見ようと思って、契約しました。
 でも、今見てるのは、アニメばっかり・・・。
 一応、翻訳などの仕事はやってるものの、英語の勉強には身が入らず・・・。
 今、インターネットのギャオで、ショコタンっていうタレントさんが、ドラゴンボールのゴクウ役の人と一緒に、アニメやってます。
 ひとり3役どころか、ひとり、12役くらいやってますよ・・・。
 
Posted by じゃいあん at 2007年03月13日 23:08
 痩せている方がボヤッキーで、太っている方がトンズラーです。
 Gyaoでやっているのは「溜池Now」ですね。初期のジゴPがしゃべらない頃はあんまり面白くなかったんですけど、だんだんこなれてきて、最近は割と面白い企画をやっていますね。
件の野沢雅子アニメは話自体がテキトーすぎてイマイチでしたが、80年代アニソン特集は思いっきりツボを突かれてしまいました。
Posted by 三月うなぎ at 2007年03月14日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック