2008年01月14日

成人式にて

「A君でしょ? 久しぶり!」
 成人式の会場で不意に声をかけられた俺は、慌てて後ろを振り向いた。
「ああ、久しぶり」
 反射的にそう答えてはみたものの、俺はそこにいた女性が誰なのか、咄嗟には思い出せなかった。俺の名前を知っているということは、小学校か中学校か、いずれにしろ昔のクラスメイトの誰かなんだろうけれど、一体誰だろうか。声に聞き覚えはあるような気がするが、この晴れの日のためにばっちりとメイクを決めたその顔は、子供の頃の記憶にある誰とも合致しないほど、妖艶な美しさに満ちていた。
「ゆっくり話したいんだけど、ちょっと人を探してるのよ。また後でね」
 その後、集合した昔のクラスメイトの輪の中に彼女の姿は無く、皆に聞いて回ったが彼女の正体を掴むことはできなかった。彼女の正体について延々と考えつづけたが結局結論は出ず、狐につままれたような心持ちで俺は式典会場を後にした。




Coming_of_Age_ceremony.jpg




(おしまい)





 私自身の成人式はもう随分前になりますが、久しぶりに会った中学校のときの同級生だった女子の変わり様は、良い意味でものすごかったですね。全力でめかし込んでいることもあるんでしょうけど、女性にとって15歳から20歳というのは大きな変貌を遂げる時期なのです。対する男子連中は、あんまり変わってませんでしたけどね。

 聞いた話ですが、これが40代以上になってくると、むしろ男の方が変貌が激しいらしいですね。私はまだその域には達していないので実感はありませんが、主に腹部や、頭髪などが。私も今のうちから、ちゃんと節制しないとなぁ……。




ラベル:動物 特殊メイク
posted by 三月うなぎ at 14:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 特殊メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 昔、クラスメートだと思ってた女の子が、実は狐だったって話でしょうか?
 ところで、狐のイラスト、耳と髪の毛の境目に、注目してます・・・。
 このまえ、猫のお面を作ったんですが、どこから耳をはやすかとか、カツラと、耳との境目をどうするかとか、処理するのが大変でした・・・。
 人間+動物っていう生き物は想像上の生き物なので、造形も想像で作らないといけないんで、大変でした・・・。
Posted by じゃいあん at 2008年01月14日 16:26
そりゃあもうバッチリ(特殊)メイクでキめてきた同級生が居て、話しかけられても誰だか判る訳ないじゃん、という話では?
Posted by 樽 at 2008年01月14日 18:08
晴れ着を着ていたけど実は男の子って話では??
集合写真で見つからなかったのは...
・女装姿が恥ずかしくて集合写真には参加しなかった。
・すばやく着替えて男性として撮影に参加していた。
Posted by 実は男だった? at 2008年01月14日 21:40
耳袋に少し似たような話があったような気がしますね、違ったら失礼ですが。
Posted by ポール星人 at 2008年01月15日 16:36
to じゃいあんさん

 イラストと造形物とでは話が変わってきますが、このイラスト通りに造形物を作ると、おそらく横髪(?)が寂しいことになると思います。ウィッグを使うのなら、ウィッグの上から猫耳を接着するのが良いのではないでしょうか。簡易的にはカチューシャとか。


to 樽さん

 まあ、私の念頭に会ったのはそんな感じなのですが、それが絶対の解釈である必要もなく、これを基にして読んだ方がそれぞれ適当に妄想を広げてくれればと思います。


to 実は男だった?さん

 なるほど、そういう解釈もあり得ますね。


to ポール星人さん

 耳袋はどうも合わなくてあまり観ていませんでした。ですので、似た話があるのかどうかはよくわかりません。

Posted by 三月うなぎ at 2008年01月16日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック