2008年05月12日

鬼踊りの少女

 その村では毎年この時期に、山中の神社で鬼踊りが奉納される。
 鬼踊りを奉納する資格を持つのは、その年18になる娘のみである。鬼踊りが奉納される日、それに該当する娘たちは神社に集められる。娘達はそれぞれ個室に通され、他の娘の様子はわからないようにされる。そうしておいてから、娘たちの中からただ一人だけが、鬼娘として選抜される。選ばれた娘は巫女に手伝われて鬼に扮し、境内に設えられた舞台で鬼踊りを踊る。
 鬼踊りの奉納は、鬼娘に選抜された娘と、全てを取り仕切る巫女のみによって行われる。鬼娘に選ばれなかった娘は、鬼踊りが終わるまで部屋で待ちつづける。村の者も鬼踊りを遠くからただ眺めることが許されるのみである。
 鬼踊りを奉納した娘は将来子宝に恵まれると言われている。しかし誰が鬼娘に選抜されたのかを他言することは許されていないため、事の真偽はただ鬼娘を務めた女達のみが知るところである。





oni-odori.jpg




(おしまい)


ラベル:妖怪 特殊メイク
posted by 三月うなぎ at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 特殊メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 なんだかツボに来る話ですね。
 イラストはメイク完了、後は衣装のみと言う感じですけど、恐ろしい鬼の顔の下ではどんな素顔の子がどんな表情を見せているのか。
 設定ともどもいやでも気になる話です。
Posted by カギヤッコ at 2008年05月13日 23:18
ボディーペイントと特殊メイクかな?
この行事をどこかでやって欲しい。
Posted by じゃいあん at 2008年05月14日 08:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック